FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

首里そば(沖縄 首里)☆☆☆

首里そば看板


沖縄そばの紹介の最初はやはり首里そばでしょう。「沖縄には沖縄そばというジャンルと首里そばというジャンルがあって沖縄そばのお店はたくさんあるけれども首里そばのお店はまだ一つしかない。」と宣っていた人がいましたが、実に「首里そば」は「沖縄そば」の完成形であると同時に沖縄そばの領域を超え、そしてさらに沖縄そばの原点に戻っているという不思議なそばです。麺も、スープも強烈な旨味というものはありません。ただ自然に優しくじんわりとした滋味が溢れているおそばです。この一鉢に盛られている全ては余計な味がついていません。かまぼこもしょうがも全く着色していません。安心して子どもにも食べさせられます。但しこってり、ドカンとくる強烈な旨味を求める方には一蹴されてしまうのは間違いありません。
このそばの正しい食べ方は大盛りを頼まないことです。中を頼むか、まず小を頼んでもっと食べたかったらもう一度小を頼みましょう。できたての麺とスープの絶妙のバランスを是非楽しみましょう。値段を見て下さい。どうしてこんな値段で可能なのか分かりません。私たちはまもなく首里に住むことになります。楽しみです。もちろん並ばないと食べられません。



首里そば

手打ちそば  小 \400 中 \450 大 \600    
煮付け \450 煮付けとおにぎり \500      
おにぎり \100 ぜんざい \250


首里そば ジューシー


シューシーもお勧めです。息子は最後にそばのスープを少し残してそこにジューシーを入れてリゾットにして食べるのが最高だと宣っています。

首里そば



追記
ここの麺は本当に固い。沖縄そばの麺は時代と共に柔らかくなっていっているそうですが、ここは昔の麺の雰囲気を残しているのでしょう。息子(5才)もここが一押しだそうです。イタリアンのアルデンテより少し固めといった感じでしょうか。小麦粉は沖縄地元の「王門」という粉だそうです。

スポンサーサイト

| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://boksic.blog70.fc2.com/tb.php/36-3e8d9aad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。