FC2ブログ

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鈴木商店のアイスキャンディー 神戸:摂津本山 ☆

鈴木商店-cand

我が家から徒歩2分の所にある昔ながらの老舗のアイス屋さん。この界隈で61年前から手作りで変わぬ味を守り抜いておられるそうです。2号線田中の交差点の北西の角です。定番はこのミルクアイスキャンディーです。この夏これを何本いただいたことか。何せ1本70円ですから・・・ついついいっちゃうんです。

鈴木商店
神戸市東灘区田中町3-1-1  
Tel 078-431-5744
10:00~16:00(売り切れ次第終了)  定休日:火曜、水曜

メニューは
ミルク金時キャンデー
ミルクキャンデー
バナナキャンデー
カルピスキャンデー
アイスモナカ
ソフトクリーム

下の画像はアイスモナカです。
鈴木商店-monaka



スポンサーサイト

| レストラン&お店 神戸 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すーぷ房くだら 花隈 韓国料理 ☆☆

花隈の高架下にある韓国料理のスープ専門店です。連れ合いに是非にと引っ張って行かれたお店です。「こんな暑い時にスープかあ」と思いながら、お店の中へ。入り口に禁煙のマーク! 「おっいけるかも。」と期待してしまいました。韓国料理店「百済」が経営しているお店だそうです。

お勧めは各種スープの定食です。ごはんがおかわり自由で、キムチが2種類ついていました。このキムチが又絶品です。私は「すじスープ」(¥650)をオーダーしました。驚きました。見える具はすじ肉とタマネギと葱だけ、しかし立ち上る香りは何かを予感させてくれました。その味は見事な品とコクの一体感のあるスープです。これにお好みで辛み葱ソースがついてきます。いっぺんに鍋に入れないでスプーン一口ごとに一滴二滴垂らしてお楽しみ下さい。それとコリコリスープは軟骨入りのスープです。味の完成度はこれが一番かな。焼き肉等とは違う韓国のオモニの家庭の味スープを楽しむにはうってつけのお店ですね。

こんどはピリ辛豆腐スープ、トック、スジェビを試してみたいです。

スープ房くだら-2
コリコリスープセット

すーぷ房くだら
所在地:神戸市中央区元町高架通3-227
TEL:078-360-5458
営業時間 11:00~23:00
定休日 水曜日
席数 22席

| レストラン&お店 神戸 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生粋 鮨 神戸:摂津本山 ☆☆☆

ひょんなことから臨時収入がありましたので、連れ合いと「思い切って美味しいものを食べに行こう」と前々から気になっていたご近所のこのお店に行きました。歩いてだと20分ぐらいだったのですが、無理かなと思いつつ夕方に急に電話をしましたら、カウンター席がとれるということで急に行くことになってしまったため、車で行きました。思ったよりも分かりにくく、「隠れ家にしたい」というネットでの評価の通り、本当に隠れていました(笑)
たたずまい、店の雰囲気、そして気合いの入ったしかし静かな気の充満を感じました。

カウンター席に座って驚いたのが目の前に冷蔵ケースが無いことでした。高級店では当たり前なのかも知れませんが、初めてだったので驚きました。広々としたカウンターでネタは木の箱に丁寧に収められています。これもネタ毎の温度管理をするためだそうです。そして大将の手元が見えるので見ていて楽しめます。また目に見える範囲で金属は包丁だけです。笊(ざる)も竹笊です。「なんか江戸時代みたい。」という感想も頷けます。山葵はは目の前で鮫皮でおろしながら使います。シャリのこだわりも相当のもので、赤酢と塩でしめてあります。

肝心の鮨は「江戸前」をうたうだけあって、絶品のコハダのシンコをはじめ、関西風の甘い鮨の世界とは別世界でした。きりりっと締まったお鮨を味わうことができました。お任せ15カンで6,800円、自腹で食べたお鮨では最高金額ですが、一つ一つの鮨のネタとシャリのハーモニーが本当に素晴らしかったです。お鮨の美味しさは書いたらきりがないので、ガリと海苔についてだけ。私は毎春自家製のガリを漬けるのですが、砂糖を少なめにしてしまうので甘酢漬けにはほど遠くなってしまうのですが、生粋さんのガリを口にして安心しました。しっかり酸っぱく、しっかり辛めです。三回もおかわりしてしまいました。

海苔も驚きました。中トロが手巻きで出てきたのですが、口の中で噛むと海苔がさくっと分かれるのです。歯で噛み締めて引っ張る(笑)必要がありません。しかも香りと味が素晴らしいのです。今度家で手巻きをする時、一度このレベルの海苔を使ってみようと思いました。

そうそう行けるお店ではありませんが、一年に二、三回ぐらい楽しみたいお店ですね。十三年この界隈で頑張っておられる落ち着きと気品を感じます。日曜日にだけランチがあるようなのです。1500円台でいただけるようです。

食事に集中していて写真を撮ることもできませんでしたので、画像はありません。(謝)

鮨 生粋 (きっすい)
所在地 兵庫県神戸市東灘区本山中町3-3-6
TEL 078-411-1904
営業時間  [月・水~土] 17:00~22:30(L.O.21:00) [日] 12:00~14:00 17:00~22:30(L.O.21:00)

| レストラン&お店 神戸 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Bistro Galop (ビストロ ギャロ) 大阪 フレンチレストラン ☆☆

galop-1

ここはオーガニックとは関係ないのですが、あまりもの素晴らしさにご紹介します。とある媒体に紹介されていて、夏休みに入ってショッピングに大阪に出たついでに家族でランチしてきました。松屋町の南側の瓦屋町にあるのですが、車で行ったため一歩通行の連続で探し当てるのに苦労しました。商店街とコインパーキングの間に路地沿いにあります。

ここの食事はまさにビストロフレンチです。いわゆるこじゃれたプレートは全く出てきません。デザートもフレンチです。日本化されたものは出てきません。日本のフレンチを食べ慣れた方には、この味のシンプルさもお皿の飾り付けも受け入れられないかも知れませんが、ここには本物があります。

まずバゲットが出てきます。見かけも味も普通なのですが、しっかりと美味しいです。谷町6丁目にあるイエナというところのパンらしいです。

galop-su

次はカボチャのスープ、量に驚きます。「フレンチのランチでこの量を出したら利益出でんでしょうが?」と心配になりました。そしてメイン、
galop-ton

連れ合いと息子は「煮込み豚バラとザワークラウトの添え」、私は「白身魚包み焼きとマッシュポテト添え」です。味も盛りつけもシンプルです。しかし実に味付けが素晴らしい。いらないものが全くない。しかもしっかりと量があります。でもたっぷりなのに苦もなく体に入っていきます。入り口のメニューを見ていた連れ合いがこれで「1,000円よ。これにデザートを付けたら一人1,500円よ。」と言うので「それは違うで、絶対有りえへん。デザートなしで1,500円、デザート付けたら絶対2,000円ぐらいになる。そうじゃなかったら革命や!」と訳の分からないことを言ってしまいました。結果は・・・「革命」でした。

しかも驚くべきことにランチメニューは週替わりではなく日替わりです。このことの凄さは是非行ってみて感じて下さい。デザートも私たちはそれぞれ違うものを頼んだのですが、完全にフレンチのデザートです。

galop-de
例えは悪いですが、ミオネーのアランシャペル(神戸のではありません)でいただいたものと同じ系統のデザートです。恐るべし。2007年11月26日に開店とのこと。まだ9ヶ月・・・。合わない人には全く評価されないお店ですが、はまってしまう人にはかけがえのない宝となる可能性を持ったお店です。

席はテーブルが12席、カウンターが3席の全部で15席あります。


Bistro Galop ビストロ・ギャロ
TEL 06-6762-1016
住所 大阪府大阪市中央区瓦屋町1-1-1
営業時間 12:00~14:00(L.O)
18:00~22:00(L.O)
定休日 日曜日

| レストラン&お店 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。