FC2ブログ

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神戸に移住します。

4月1日付で神戸に移住することになりました。もう少しオキナワンライフを楽しむ予定でしたが、大切な仕事が与えられたので神戸へ行くことになりました。沖縄の皆さん、有り難うございました。ただ、連れ合いの実家が那覇の金城町にあるので又ちょくちょく参ります。
神戸の皆さん、はじめまして。宜しくお願いいたします。新しい住まいは東灘区の摂津本山駅の近くです。この界隈はスイーツやロハス関係のレストランも多いと聞いていますので楽しみにしています。しばらくは開拓する余裕がないと思いますので、ブログでは沖縄や仙台の情報で載せきれなかったものを順次お伝えします。
スポンサーサイト

| Unclassification | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みいーむーん食堂 首里 レストラン ☆

みいーむーん食堂玄関


散歩の度に前を通っていて「オーガニック野菜使用」等とあり、気にはなっていたのですが、入る勇気が起こらず、スルーしっぱなしだったお店です。連れ合いに先を越され「美味しかったよ。お店の中も素敵だったよ。」と言われ、「これは行かなあかん。」と早速出かけました。外からの雰囲気と中の様子は全く違いました。いい感じです。でも10人ぐらいしか入れません。その上お昼はすぐに一杯になってしまいます。 

みいーむーん食堂内部


いただいたのはランチの定食です。

みいーむーん食堂ランチ


食材のレベルの高さに比べてなんと、これで700円です。すごいです。画像ではわかりにくいのですが驚くほどの種類の総菜が盛り合わせになっています。一つ一つのおかずがちゃんと作られています。質量とも久々に驚きました。首里界隈でこんなお店があるとは・・・。定食系では富久屋の定食(1,000円)以来です。首里恐るべし。ただ五月から知念の方に移転するようです。首里在住の方お急ぎ下さい。

メニューはこれ
みいーむーん食堂メニュー


能書きはこうあります。朝8時からモーニングもいただけます。

みいーむーん食堂看板


驚きはまだあります。ここで出されている紅茶はなんとあの山城紅茶です。しかも4種類そろえています。これは普通に茶葉を購入しても結構値段がするのでここで頂くと割安に感じます。

料理場の棚の上を見ると又驚きが一つ。見慣れた瓶が一本、何と使われているオリーブオイルは「Carbonell のオーガニック・エクストラバージン オリーブオイル 1866」でした。

お弁当も頼めるようですね。

「みぃーむーん食堂」
所在地 那覇市首里鳥堀町1-46
営業時間 8:00~20:00(ラストオーダー)
tel 090-3419-5238

| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本家新垣菓子店   首里 琉球菓子 ☆

以前「新垣カミ菓子店」をご紹介しましたが、情報が間違っていましたので訂正すると共に本家新垣菓子店についてご紹介します。

ゆいレール儀保駅から首里城へつながる道沿いに見えるのは「本家新垣菓子店」です。

本家 新垣菓子店


ここは家族だけでやっており、無添加の上、全行程が手作りです。祖先は新垣筑登之淑規(新垣カミ菓子店では「新垣親雲上淑規」と紹介されている)という、琉球王朝の包丁役(台所奉行)をつとめた人です。普段私たちが利用しているのはこの本家の方でした。この本家のお菓子はお店か、那覇のリウボウ、首里のリウボウ、首里にある都ホテルで限定的に購入できるようです。一般のお土産店では全く購入できません。好みの差で分かれますが、私のお勧めはこちらですね。花ぼうるや鶏卵糕などの全ての食材も吟味されています。

尚、先にご紹介した「新垣カミ菓子店」は「本家新垣菓子店」の裏手に製造場があり、お店はありません。奥の方に看板が掛かっています。

本家 新垣菓子店 + カミ


ズームインすると

カミ菓子店


なお「新垣カミ菓子店」についてのコメントはこちらです

本家新垣菓子店
代表者:新垣 淑彦
住所: 那覇市首里赤平町1-3
tel: 098-884-3413

| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豚々茶舗  中華点心 那覇 国際通 ☆

豚々茶舗 豚まん


国際通の裏にある中華点心の小さな店です。ここの豚まんをはじめとして点心は本物です。中国広東出身の劉志文さんの手になる優れものの点心です。私は豚まん、シュウマイ、餃子、中華ちまきと続けて食べます。アグーという沖縄の豚で作ったアグーまんが一番人気なのですが、ちょっと味が濃いので私は普通の豚まんの方が好きですね。餃子もしつこくない上にバランスの良いおいしさが口いっぱいに広がり、あっという間に6個(一人前)平らげてしまいます。今のところ生涯に食べた餃子の中でもここの餃子以上のものを思い出せません。満足するぐらい食べても一人当たり1k前後です。
少し前までエビのスープがありましたが、今は水餃子のスープとアオサーと春雨のスープに変わってしまいました。このスープのファンだった息子は残念がっています。
デザートも杏仁プリンやほうじ茶プリンなどもお勧めです。


豚々茶舗 ちまき


豚々茶舗
所在地 那覇市久茂地3-5-7-103
tel 098-867-2900
営業時間 11:30~20:00
定休日:毎週水曜日  

web-pageがしっかりしているので詳しくは下記をご覧下さい。
豚々茶舗 web-page 

| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼平 沖縄そば 宜野湾

鬼平看板


宜野湾にある沖縄そばのお店です。3回ほど伺いました。ここのウリは無添加と何と言っても使っている塩があの粟国の塩ということにあります。店内でこの塩が購入できます。国際通り周辺の土産店では 1,100円~1,250円/500g するのが 1,000円/500g で分けてもらえます。これは儲け無しの値段です。親戚のおばあが作ってくれた我が家の梅干しはこの粟国の塩使用の梅干しなので絶品です。

鬼平麺


さて、そば自体はシンプルです。私には少し柔らかいかな?あとできればソーキそばではなく普通のそばをお勧めします。ソーキが入ると、スープが脂っこくなります。ちなみにおもろまちにある「麺処 ていあんだー」というそば屋ではソーキは別皿です。美味しいスープを楽しむためには、これが正しいソーキそばの食べ方ですね。

それとここのジューシーは硬めで絶品です。今まで食べたジューシーでもトップクラスです。一昨年亡くなった久米島のおばあの作ってくれた伝説のジューシーを彷彿とさせる出来映えです。是非お試しあれ。


鬼平
沖縄県宜野湾市真志喜2-14-18

tel 098-897-8831
営業時間 11:30~20:00 ランチ11:30~14:00
定休日 木曜日


| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。