FC2ブログ

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひな野(仙台) ☆☆

私たちが仙台で2年半あまりの間にもっとも多く利用させて頂いたレストランはこの「ひな野」です。最近多くのレストランで安全な食材をアピールするようになってきました。仙台でもそのような店が少しづつ増えてきました。しかし、その内容、値段、利用しやすさを考えると今の所ここがダントツのお勧めです。野菜は全てを「有機無農薬野菜」で提供しているわけではないのですが、それでも最低限「減農薬」「低農薬」等の食材を厳選し、栽培者の名前を知らせ、調味料や料理方法にもこだわっています。また料理法も食材の味を引き出すことをいつも念頭において下さっているお店です。生野菜や、茹でただけの野菜も存在感を発揮しています。ご飯類も幾つかの種類があり、デザート、お茶、飲み物も豊富です。コーヒー、紅茶(最近登場しました)も有機のものを出しておられます。
 形式は時間制限なしのビュッフェ(バイキング)形式で、基本料金は税込で、ランチは大人¥1,575-、小学生 ¥840-、ディナー大人 ¥2,100-、小学生 ¥1,050-(税込)です。さらに小学生未満の子どもは無料なのです。大人並みの食欲を持つ幼稚園児の息子を加えて夕食を家族で食べると(安心食材を扱っているところで)4,500円以内で食べるのはなかなか難しいのですが、ここならば4,200円・・・、ポイントを貯めて換算すると割引がつくので平均すると4000円で大満足の夕食が楽しめるのです。名前は書けませんが同じような値段設定と形態の他店とは、その内容は全く比較になりません。このお店はリピーター率が高く、子どもに対する対応も行き届いており、いろいろな意味で安心して通えるお店です。仙台の誇りの一つですが、最近全国へ少しづつ進出していています。あとは完全禁煙になると嬉しいのですが・・・。


ひな野

≫ Read More

スポンサーサイト

| レストラン&お店 | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

首里そば(沖縄 首里)☆☆☆

首里そば看板


沖縄そばの紹介の最初はやはり首里そばでしょう。「沖縄には沖縄そばというジャンルと首里そばというジャンルがあって沖縄そばのお店はたくさんあるけれども首里そばのお店はまだ一つしかない。」と宣っていた人がいましたが、実に「首里そば」は「沖縄そば」の完成形であると同時に沖縄そばの領域を超え、そしてさらに沖縄そばの原点に戻っているという不思議なそばです。麺も、スープも強烈な旨味というものはありません。ただ自然に優しくじんわりとした滋味が溢れているおそばです。この一鉢に盛られている全ては余計な味がついていません。かまぼこもしょうがも全く着色していません。安心して子どもにも食べさせられます。但しこってり、ドカンとくる強烈な旨味を求める方には一蹴されてしまうのは間違いありません。
このそばの正しい食べ方は大盛りを頼まないことです。中を頼むか、まず小を頼んでもっと食べたかったらもう一度小を頼みましょう。できたての麺とスープの絶妙のバランスを是非楽しみましょう。値段を見て下さい。どうしてこんな値段で可能なのか分かりません。私たちはまもなく首里に住むことになります。楽しみです。もちろん並ばないと食べられません。



首里そば

手打ちそば  小 \400 中 \450 大 \600    
煮付け \450 煮付けとおにぎり \500      
おにぎり \100 ぜんざい \250


首里そば ジューシー


シューシーもお勧めです。息子は最後にそばのスープを少し残してそこにジューシーを入れてリゾットにして食べるのが最高だと宣っています。

首里そば



追記
ここの麺は本当に固い。沖縄そばの麺は時代と共に柔らかくなっていっているそうですが、ここは昔の麺の雰囲気を残しているのでしょう。息子(5才)もここが一押しだそうです。イタリアンのアルデンテより少し固めといった感じでしょうか。小麦粉は沖縄地元の「王門」という粉だそうです。

| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

順天心酒家(仙台・中華)☆

順天心酒家

仙台生活も残り少なくなってきたので、家族で行っていない店に行きたいと思い、ガイドブックでこの店を見つけました。クリスロードのエディーバウアーの向かいです。禁煙席があります。ランチの定食で、エビチリ、酢豚などを頼んだのですが、運ばれてきたとき「ウムッ」とうなってしまいました。シンプルです。よくレストランのランチ等ではサラダや小さな皿におかずを盛ってくれますが、それはそれでサービス心があっていいのですが、あまり外食しない私たちにとっては栄養のバランスよりも、美味しいものを美味しい組み合わせで食べたいと思うことが多いのです。ご飯に、味噌汁(ここのシェフ、中華に旨い味噌汁が合うということを知っているのはただ者ではない!!)、辛めのザーサイにメインというだけの、余計なもの無しの組み合わせです。見た目には貧相に見えます。しかもエビチリにはエビと申し訳程度のネギとソースだけ。酢豚も至ってシンプル!!、食べて驚きました。トマトケチャップの味が少し強いようでしたが、予想外の旨さでした。あっそれと小さな杏仁豆腐が付いていました。これも驚きです。私たちにとって、仙台の杏仁豆腐のランキングは聘珍樓がダントツで、間が開いて第二位がひな野のでしたが、ここの杏仁豆腐はひな野を抜いて文句なしの第二位しかも聘珍樓に近い位置です。思わず単品で追加してしまいました。それとマンゴープリンも良かったですよ。全体的にリーズナブルでもう一度ぐらい行ってみようと思います。
& 土日のランチ時にはいろいろな中国茶が100円で楽しめます。これはお得です。

順天心酒家の場所

| レストラン&お店 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

向山幼稚園

向山幼稚園


雪の向山

キリスト教&シュタイナー主義の幼稚園です。三年間ここでお世話になった息子は今日卒園しました。この幼稚園の魅力は語り尽くせない感がありますが、特筆すべきことは敷地の広さでしょう。特に敷地内に森があることは最大の魅力の一つです。詳細は園のページをご覧いただきたいと思いますが、シュタイナー教育はルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner, 1861~1925)よってはじめられた教育法です。その根本にある考え方で一番私が共感を覚えるのは「7歳までは子どもは子どもとしての世界を十二分に楽しむ」ことにあります。この時期にしかない感性を伸び伸びと発揮し、その感性によって自然と人と触れあうことが現代社会の中では困難になっています。大人の都合で、大人の社会に合わせるための「勉強」をできるだけ早くはじめるという今日の教育の流れからは逆行していますが、向山幼稚園の子ども達は本当に楽しそうに、毎日毎日「子どもとして生きる」ことを楽しんでいました。向山での一日の最後には、担任が一人一人の子どもたちを「むぎゅっ」と抱きしめて祈りながら家路に送り出してくれます。そのようにしてもらっている息子を「うらやましいなあ」と感じながら私も三年間を過ごしました。今日の卒園式後も最後の「むぎゅっ」をしてもらって園を後にしました。「生きる喜び、生きる力」を幼いうちに十二分に味わうことこそ将来「責任ある大人」として成長し生きる基盤になると信じます。この園も仙台が誇る仙台の宝の一つでしょう。写真の建物の向こうに森が広がっています。



| Unclassification | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

琉球料理乃山本彩香 (沖縄 /那覇旭橋 ) ☆☆☆☆ その2

ていあんだあ


山本彩香さんから直接いただいた料理本です。2回目は義父母にお願いして連れて行ったもらったのですが、なんと義父と山本彩香さんは遠い昔、どこかの病院で一緒だったことがあるようで何十年ふりかの予期せぬ再会に二人とも大騒ぎでした。お願いしてサインもいただきました。

かりゆし


実は昨年故あってお店を閉めようとされたそうですが、山本彩香さんを実のお母さんのように慕っている宮本亜門氏等多くのファンの方々の尽力で継続を決意されました。是非山本彩香さんがお元気な内に本物のそして最高レベルの琉球料理を味わわれることをお勧めいたします。

琉球料理乃山本彩香
沖縄県那覇市久米1-16-13
098-868-3456
営業時間:17:00〜22:00
定休日:水曜、日曜(予約/要予約)
地図

| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

琉球料理乃山本彩香 (沖縄 /那覇旭橋 ) ☆☆☆☆

琉球料理乃山本彩香
沖縄のお店を紹介する最初はやはりここです。現存する沖縄料理のお店でやはり最高のものを味わうことができます。「くどい」、「脂っこい」、「しつこい」といったこととは全く無縁の優しい、じんわりとした心と身体が癒されるお料理が並びます。またテーブルに置いてある泡盛は飲み放題(多分?)で、これも「春雨」という銘酒です。相当の泡盛通の人も飲んだことがないというくらいの銘柄です。ここのクースーなどは相当高いです。10年物などを酒屋で見ると「げえっ」という値段です。それだけでも下記のコースの値段は妥当なのでしょう。

このお店実は二度だけしか伺ったことがありません。理由はそれなりの値段がするからです。二度とも他の人の奢りでいただきました。以前は6000円のコースがありましたが、今は8000円~となりましたので自腹では到底無理な私は次はいつ行けるか分かりません。でもここのお料理は一度は試していただきたいと思います。全てに山本彩香さんの「気」が充満しているのでお勧めですが。一番のお勧めはどぅるわかしーです
これは田芋という沖縄ではポピュラーな芋を茹でてつぶし、豚のバラ肉、シイタケ、キクラゲ、カステラかまぼこ、グリンピースはそれぞれさいの目に切り、具にします。サラダ油で炒め、砂糖、塩、しょうゆ、みりん、泡盛で味付けするそうです。詳しくは上の「どぅるわかしー」のページをご覧下さい。この料理は誰の手によってかき混ぜられるかで味が変わってくるそうです。


琉球料理乃山本彩香
沖縄県那覇市久米1-16-13
098-868-3456
営業時間:17:00〜22:00
定休日:水曜、日曜(予約/要予約)
地図

| レストラン&お店  沖縄 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄情報開始

三月末で仙台を離れ、沖縄に移住することになりました。そのための準備が本格的にはじまりました。忙しくなります。仙台、東北の皆様有り難うございました。お世話になった食材、お店・・・を楽しめなくなるのは残念ですが、沖縄でまた開拓します。沖縄の皆さん宜しくお願い致します。これから仙台の情報に混じって今までの沖縄訪問で見つけて、再訪を心待ちにしているお店をいくつかご紹介します。

| お勧め食材 沖縄 (オーガニック編) | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。